長期優良住宅 技術的審査業務

長期優良住宅 技術的審査業務

1.長期優良住宅 技術的審査業務の概要

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するために有効な措置が講じられている住宅で、所管行政庁が認定を行うものです。
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき所管行政庁が行う長期優良住宅建築等計画の認定を支援するため、
認定申請に先立ってAI確認検査センター株式会社が技術的審査を行い、申請者に対して「適合証」を交付します。
この場合、認定申請書に適合証を添付して所管行政庁に提出していただくことになります(着工前)。

  • 認定基準:下記認定基準のうち、所管行政庁が定める基準の技術的審査(各所管行政庁のホームページでご確認ください。)
    1. 長期に使用するための構造及び設備を有していること
    2. 居住環境等への配慮を行っていること
    3. 一定面積以上の住戸面積を有していること
    4. 維持保全の期間、方法を定めていること
  • 業務を行う区域:長野県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(島しょ部を除く。)及び神奈川県の全域

2.業務規程

  • 長期優良住宅 業務規程 [PDF]

3.各種ダウンロード

  • 長期優良住宅 各種ダウンロード [こちら]

4.手数料

  • 長期優良住宅 審査料金 [こちら]